コールマン最高峰モデルのコクーンⅢに限定カラーモデル「コクーン2024リミテッド」が登場

スポンサーリンク
キャンプ
記事内に広告が含まれています。

コールマン最高峰のテントコクーンⅢに限定カラーが新登場です。

コクーンⅢの強度や耐久性と快適性能はそのままに、MASTERブラウンに身を包んだスペシャルモデルとなっています。

コールマン、コクーンⅢの限定カラーモデル「コクーン2024リミテッド」の特徴をチェックしていきましょう。

アイキャッチ画像出典 Coleman

MASTERブラウンの限定カラー

出典 Coleman

コクーン2024リミテッドは、MASTERブラウンのソリッドカラーで統一された限定カラーモデルとなっていて、ツートンカラーのコクーンⅢと比較して、とてもクールな印象の限定モデルとなっています。

コクーンは発売当初からツートンカラーを採用していて、理由は明るいカラーを入れる事で遮光コーティングを施した幕内が暗くなりすぎないようにと考慮されてのツートンカラーとなっています。

しかしながら限定カラーの本モデルは見た目が引き締まった良い印象のカラーリングとなっています。

基本性能はそのまま

出典 Coleman

コクーンⅢが持っている基本的な強度や耐久性に、空間の広さやメッシュの多い快適性能はそのままで、カラーだけを限定カラーのMASTERブラウンにした特別モデルとなっています。

コクーンⅢはオーバースペックと言われる程、高機能で高強度のテントとなっており、なかなか更に機能を追加するのは難しかったのかもしれません。

細かいところでは、フロントキャノピー跳ね上げ事に出てしまうキャノピーのたるみを取る為のバックル(ハイビューシステム)が廃止されています。

コクーンⅢは生産中止

コールマンのフラッグシップモデルとして長年君臨したコクーンもⅢにまでマイナーチェンジを繰り返しており、今回遂に生産中止となりました。

そうなると期待されるのが新しいコールマンのフラッグシップテントですが、現在はまだ情報がなく、コクーンⅣが出るかもしれませんし、コクーンとはまた別のフラッグシップテントが出るかもしれません。

個人的にはコクーンとは全く別のフラッグシップテントを期待したいところで、コクーンのオーバースペック感を取り除いたややマイルドな仕様のフラッグシップテントを期待したりしています。

フレーム数を減らして、テント生地を150Dにして軽量にした新しいフレームワークの大型テントなんかを見てみたいですね。

コクーン2024リミテッドのSPEC

出典 Coleman

■本体サイズ: 約670×400×220(h)cm
■インナーサイズ: 約360×240×195(h)cm
■収納時:約φ40 x 85cm 
■材質:フライシート/ポリエステルオックス(テフロン撥水 耐水圧約3,000mm)、ルーフフライ/ポリエステル(テフロン撥水 耐水圧約3,000mm)、インナーテント/コットン混紡ポリエステル、 フロア/ポリエステルオックス(耐水圧約10,000㎜)、メインポール/アルミ、キャノピーポール/スチール

まとめ

出典 Coleman

コールマンの4シーズン対応ハイスペックテント コクーンⅢにMASTERブラウンの限定カラーモデルが新登場です。コクーンⅢが持つ強度や耐久性、広さに快適性能はそのままに、MASTERブラウンのソリッドカラーで統一されたスペシャルモデルとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました