タックル紹介ハートランド フライトフリップ編

スポンサーリンク
その他
 
今回はメインで使用しているロッドの中から、個人的に名作だ!と強く感じているフライトフリップについて、紹介いたします。

フライトフリップのスペック

IMG_20180203_194013
IMG_20180203_194141
 
ハートランド フライトフリップ
HL741HXHFB-Wao07
7フィート4インチ
ワンピース
ルアーウエイト1/4oz〜1.5/8oz
ライン 12lb〜25lb
 
ま、このへんは皆様どのブログでも紹介されているのでおいときましょう。
 
 
このロッドの特徴は、みなさんご存知ハートランドロッドで最強の硬さを誇る事と、名竿キャロスペの後継であると言う事。
 
HVFカーボンマグナムテーパーという事から力強く軽いブランクスで、7フィート4インチの長さから来る重さや振り抜きの悪さを完全に取り除き、バットから来るパワーとしなやかな穂先により振り抜きの良さを実現しています。
 
※HVFとは低レジン(樹脂)カーボンなので、軽量かつ高強度なカーボン
 
※マグナムテーパーとはバットの強度があるテーパーデザイン。
 
 
また、今となってはデカすぎる大口径ガイドが、ラインの干渉を抑えた飛距離と、柔らかな感度をもたらします。
 
そういえば今江さんも時代遅れの生産中止の大口径ガイドの良さを見出し、スーパースタリオンGT2に使用する為に掻き集めていたとか?
琵琶湖のようなフィールドで、16lbのラインでヘビキャロするのに最適なセッティングである事がこれらからわかると思います。
 
 
これにハイパーロングキャストスプールにTWSリールならぶっ飛び間違いなし!?
 
 
 
そんなフライトフリップも、カタログ落ちし廃盤となりましたので予備でもう一本欲しいぐらいですが、そんなお金に余裕がないので大事に使おうと思います。
 
 
フライトフリップお持ちの皆様も、この名竿を大事にお使いくださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました