3面ガラスで炎を楽しめる二次燃焼薪ストーブ、Mt.SUMI(マウントスミ)のAURA(オーラ)

スポンサーリンク
キャンプ

冬キャンプといえば薪ストーブ!でも、薪ストーブといってもどんな薪ストーブを買えばいいのかわからない。こんな感じで今年の冬も薪ストーブデビューを諦めてしまっている方に強くおすすめできる薪ストーブがあります。

それは、Mt.SUMI(マウントスミ)のAURA(オーラ)です。

薪ストーブにおける不安材料をしっかり対策して扱い易いモデルになっているマウントスミのオーラ。実際どのような薪ストーブなのか特徴をチェックしていきましょう。

アイキャッチ画像出典 Mt.SUMI

大きな窓ガラスで炎の揺らぎを楽しむ

出典 Mt.SUMI

オーラの大きな特徴のひとつである3面の窓ガラスです。それぞれの窓が大きく、薪ストーブの中で燃えている薪の様子を贅沢に眺める事が出来ます。まるでテント内で焚き火を楽しんでいるかのような体験が味わえます。

さらに大きな開口口が市販の40cmの薪を入れやすくなっているので、薪をノコギリで小さくするという手間が省け、ダイナミックに燃える薪を見て楽しむことができます。

広い天板で料理を楽しむ

出典 Mt.SUMI

オーラの天板は横型で広いので、同時にいくつかの鍋をつかって料理ができます。左右のグリッドには調理器具を置くのに便利。また、別売りの専用ピザストーンでオーブン料理を楽しめたり、ウォータータンクを使ってお湯を沸かしたりと料理の幅を増やす事ができます。

出典 Mt.SUMI

薪ストーブは暖房としてだけでなく、料理も出来るのが醍醐味ですね。

オーラの本体は分厚い鉄製で、蓄熱性が高く他の薄いステンレス製の薪ストーブと比べて暖かいので料理もしっかり楽しめます。

二次燃焼するので煙が少ない

出典 Mt.SUMI

オーラの最大の特徴は二次燃焼ストーブであることです。二次燃焼構造で煙突からは煙が少なく、更に本体上部に付いたバッフルで炎が直接煙突に抜けるのを防ぎ対流させるので、炉内で多次燃焼を起こしさらに燃焼効率を上げています。

煙が少ないと周りの他のキャンパーに迷惑がかからないので安心ですね。

炎の調整がやりやすいので安心

出典 Mt.SUMI

本体背面には調節可能なスライド式吸気口、煙突にはダンパーが標準装備され空気量の調整が簡単にできますので、細かい炎の調整ができて安心・安全に使えます。

商品詳細

出典 Mt.SUMI

Size : 
外寸(展開時・煙突含まず)W55 × D40.2 × H48.1cm
外寸(脚&グリッド&煙突立ち上げ含む)W74.7 × D40.2 × H53.5㎝
燃焼室 W41 × D32.5 × H約22cm
収納サイズ(煙突立ち上げ含む)W45.5 × D39.5 × H37㎝
煙突 Φ80mm × 長さ325mm(有効長270mm)×8本継ぎ
最大煙突長 2.21m
使用時最大の高さ(煙突+本体) 2.7m
投入可能な薪サイズ 45cm以下
Weight : 
(本体のみ)18.4kg
(付属品込)22.4kg
Material : 
(本体)鉄
(煙突、火かき棒、煙突固定リング、グリット)ステンレス
(耐火煉瓦)セラミック

セット内容

出典 Mt.SUMI

・薪ストーブ本体
・Φ80煙突(325mm×8本継ぎ トップ・ボトム含む)
・煙突固定リング(ペグダウンにはロープ・針金などを別途ご用意ください)
・グリッド×2
・火かき棒
・工具
・収納バッグ

まとめ

出典 Mt.SUMI

薪ストーブとして求められる機能はしっかり備えて、炎の揺らぎと料理を楽しみながらテント内を暖かくしてくれるマウントスミのオーラで薪ストーブデビューしてみませんか?冬キャンプを薪ストーブで最大限楽しんでみましょう!

薪ストーブには薪ストーブ対応のテントで設置も簡単に出来ます。

薪ストーブのために設計したワンポールテントMt.SUMIストーブテント「ノナTC」
マウントスミのストーブテント「ノナTC」は、薪ストーブを使用したキャンプを楽しむために開発されたTC素材のワンポールテントで、2つのチムニーホールとサイド4つのベンチレーションを使用し、自由に薪ストーブをレイアウト出来る特徴を持ち、いろんなメーカーの様々な形状の薪ストーブに対応するストーブテントとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました