コールマンの大人気テント、タフスクリーン2ルームが”エアー”になって変わった変更点とMDX LDXの違いとは?

スポンサーリンク
キャンプ
記事内に広告が含まれています。

コールマンの大人気2ルームテント、タフスクリーン2ルームハウスMDX+/LDX+が更に進化してタフスクリーン2ルームエアーになりました。

皆さんもキャンプ場で1度は必ずこのシルバーカラーのテントを見たことがないですか?もしかしたら1回どころではないかもしれません。それほど売れに売れているコールマンの超人気テントが更に進化したのです。

エアーになって何が変わったのか?タフスクリーン2ルームハウスMDX+/LDX+との違いは?進化してさらに涼しくなったダークルームシリーズのテント、タフスクリーン2ルームハウスの進化した点をピックアップしてみましたのでご紹介していきます。

アイキャッチ画像出典 Coleman

エアーになって進化した点

出典 Coleman

タフスクリーン2ルームハウスMDX+/LDX+が、タフスクリーン2ルームエアーMDX+/LDX+になって何が変わったのでしょうか。エアーという文字が追加になったのだから、通気性の面で変化があったのが想像できますね。変更点を以下にまとめました。

ワイドメッシュになり通気性が向上

出典 Coleman

寝室部のメッシュにワイドエアメッシュを採用。従来のメッシュと比べて網目を大きくして通気性を向上、約1.5倍の通気性UPを実現しています。

もちろんしっかり虫は通さない網目のサイズになっているので、蚊などの羽虫の侵入を防ぎながら、より多くの空気を通してくれるので虫の多い夏場でも安心してメッシュにすることができます。

メッシュの大きさのイメージは一般家庭で使われている網戸と同じ大きさだそうで、意外にも従来のよくテントで使われているメッシュの網目サイズは小さく、風をかなりブロックしてしまっているということなのです。

別売りのファンを搭載可能に

出典 Coleman

インナーテント内のベンチレーションに、別売りのリバーシブルファンベンチレーションが搭載可能となりました。このリバーシブルファンベンチレーションとの組み合わせにより、インナーテント内の空気の循環が容易になりました。

インナーテント上部のメッシュにこのリバーシブルファンベンチレーションを取り付けることができるパーツが

追加され、テントの上部から空気の循環を促し、テント内にこもった熱や湿気を排出し、温度と湿度を素早く下げて蒸し暑いテント内を快適にしてくれます。

出典 Coleman

扇風機のように風を受けて体感的に冷やす効果と、換気扇のようにテント内の熱や湿気を外に吐き出す2WAYの使い方で、テント内を涼しく快適にしてくれます。

このリバーシブルファンベンチレーションは市販のモバイルバッテリー(USBタイプA )で使用でき、10,000mAhのモバイルバッテリー使用時で約6.5時間(High) 約9時間(Low)連続使用が可能です。

暑すぎる夏場のキャンプは想像を絶する不快感で、今後もテントにこういった機能をテントに追加するメーカーも増えてくると想像できます。暑い夏のキャンプを少しでも快適にしたい方には是非お勧めしたいテントです。

サイズやその他のスペックはそのまま

出典 Coleman

その他の主なスペックは変更ありません。ある意味完成されたタフスクリーン2ルームハウスMDX+/LDX+ですので、その他は変更なしでそのままの使いやすさを維持しています。

特にインナーテントの300cm×250cmという長方形がインフレーターマットなどを敷きやすく、コールマンのインフレータブルマットハイピークのダブルがちょうど2枚収まるサイズ感となっており、4人家族で使いやすいのが良いところでしょう。

引き続きMDX+とLDX+の違いはリビングのサイズとなっており、LDX+はリビングのフロアサイズの長さがMDX+と比較して50cm長く、幅が25cmワイドになっています。

夏中心にキャンプをする方にオススメのテント

ダークルームテクノロジーを採用している、名前の最後に+が付くコールマンのプラスシリーズは、遮光性の高い生地と夏場に安心の通気性が特徴で、お子様の夏休みにキャンプによく行かれる4人〜5人のファミリーにオススメのテントです。

2024年もこのタフスクリーン2ルームハウスMDX+/LDX+エアーは引き続き定番モデルとなっており、安さ重視ならタフ2ルーム/3025がお勧めでき、オールシーズン対応のグレードアップモデルはタフ2ルームDX/3025がお勧めという具合に各モデルに明確な違いが設けられています。

ダークルームのテントは冬使えない?

これだけ夏特化の機能を備えたタフスクリーン2ルームハウスMDX+/LDX+のダークルームテクノロジーを採用したプラスシリーズのテントは夏にいいのは分かったけど、冬は使えないの?といった質問がよくありますが、結論は冬でも使えます。

但し、やっぱり冬キャンプを想定した機能追加はされていませんので、冬でも使えるといったテントと比較すると、冷気の吹き込みを抑えるスカートが寝室側に無かったり、暖かい日差しを必要以上にカットしてしまったりといった、冬キャンプの不得意さはあります。

夏より冬にキャンプに行くことが多い方は、オールシーズン対応と言われるテントをお勧めします。

まとめ

出典 Coleman

コールマンの大人気2ルームテントが、価格ほぼ据え置きで、使い勝手の良さそのままにエアーに進化しました。エアーになった進化点はワイドメッシュの採用や別売りのリバーシブルファンベンチレーションを使う事ででインナーテント内の空気の循環が飛躍的に向上しました。

どんどん暑くなる日本の夏のキャンプには欠かせないダークルームのテントになっています。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング
【コールマン×アルペンアウトドアーズ限定】VCワイド2ルームSTD
【2022年2月下旬再販決定!】コールマンとアルペンアウトドアーズの限定コラボテント、あの名作STDがVCワイド2ルームSTDとなってダルゴールドカラーで超パワーアップして帰ってきた!バリューコットンがより快適に、ダルゴールドカラーがよりオシャレに貴方のキャンプを演出します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました