tent-Mark DESIGNS×nomadicaのコラボテント「テンゲル」にコンパクトサイズが登場

スポンサーリンク
キャンプ

アウトドア×モーターサイクルをたのしむブランド「nomadica(ノマディカ)」とのコラボテント「テンゲル」にコンパクトサイズが登場し、4月下旬発売予定になります。

テンゲルスタンダードよりもコンパクトになり、インナーテントが吊り下げ式になるなどの最新のトレンドに合わせた仕様変更があり、ツーリング系のドームテントに新たな選択肢が生まれることになります。

ノマディカとのコラボテント「テンゲルコンパクト」の特徴をチェックしていきましょう。

アイキャッチ画像出典 tent-Mark DESIGNS

テンゲルコンパクトとコンパクトライトの2モデル展開

出典 tent-Mark DESIGNS

グラスファイバーポールのテンゲル コンパクトと、さらに軽量なアルミポールを使用したテンゲル コンパクトライトの2モデル展開となります。

テンゲルコンパクトの価格は税込19,800円で、コンパクトライトが税込27,280円となります。

フロントフラップにサイドウォール

出典 tent-MarkDESIGNS

別売りのキャノピーポールでキャノピーを立ち上げればサイドフラップが付いていて雨も安心な前室空間を確保します。推奨のキャノピーポールは110cmとなります。

インナーテントは吊り下げ式

出典 tent-MarkDESIGNS

インナーテントは吊り下げ式になり、テンゲルスタンダードと比較して設営が簡単になったのと、インナーテントなしでのシェルターとして使用が可能になります。

出典 tent-MarkDESIGNS

別売りのフットプリント使用で、シェルターとして使用可能。

前後のメッシュ付きのインナーテント

出典 tent-MarkDESIGNS

インナーテントの入り口は前後ともメッシュ付きで通気性は確保。インナーテント上部にはランタンをかけるランタンフックもついています。

テンゲルコンパクトの詳細

出典 tent-MarkDESIGNS

素材

  • フライシートポリエステルリップストップ68D
    加工:PUコーティング
  • インナーポリエステルリップストップ68D
  • フロアポリエステルタフタ75D
    加工:PUコーティング
  • ポール[テンゲル コンパクト]
    メインポール(GRAY色):ファイバーグラス製9節継ぎ(φ9.5mm・8.5mm/3,600mm)×2本
    フロントポール(BLACK色):ファイバーグラス製10節継ぎ(φ9.5mm/3,960mm)×1本
    [テンゲル コンパクト ライト]
    メインポール(GRAY色):アルミ合金製10節継ぎ(φ9.0mm/3,600mm)×2本
    フロントポール(BLACK色):アルミ合金製11節継ぎ(φ9.0mm/3,960mm)×1本
  • 耐水圧フライシート:1,500mm
  • インナーフロア:1,500mm
  • 収納サイズ(約)500×180(高)mm組立サイズ
  • フライシート(約)2,100×2,800×1,150(高)mm
  • インナーテント(約)2,050×1,200×1,080(高)mm
  • 前室奥行き1,150(高)mm
  • 後室奥行き450(高)mm

重量

  • [テンゲル コンパクト]
  • 総重量(約)4.13kg(ペグ/張り綱/ポール/収納ケース含む)
  • 本体(約)3.75kg(フライシート/インナーテント/ポール)
  • ポール(3本計)(約)1,440g
  • [テンゲル コンパクト ライト]
  • 総重量(約)3.51kg(ペグ/張り綱/ポール/収納ケース含む)
  • 本体(約)3.13kg(フライシート/インナーテント/ポール)
  • ポール(3本計)(約)820g

付属品ペグ×13本、張り綱×4本、収納ケース×3

まとめ

出典 tent-MarkDESIGNS

4月下旬発売予定のテンゲルコンパクトはノマディカとのコラボテントとなり、グラスファイバーポールのコンパクトとアルミポール仕様のコンパクトライトと2モデル展開。フロントフラップにはサイドウォールと、インナーテントは吊り下げ式になるなど、最近のトレンドを盛り込んだ新しいツーリングテントのスタンダードとなっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました