AlpenOutdoorsオリジナルの 2ルームテント「AOD-3」と「AOD-TARP」が登場

スポンサーリンク
キャンプ
記事内に広告が含まれています。

アルペンアウトドアーズが手掛けるオリジナルブランドAlpenOutdoorsより、新作テントAOD-3とAOD-TARPの登場です。

AOD-3は昨年春に登場し、大人気で即完売したAlpenOutdoorsブランドの第一弾テントAOD-1のリニューアル版となります。

アルペンアウトドアーズの新型2ルームテントAOD-1が面白い!?
アルペンアウトドアーズが2021年夏に新しく立ち上げる新ブランド、その名も「AlpenOutdoors」その第一弾として新しい発想を取り入れた2ルームテントAOD-1 その今までに無かった発想で革新的な機能を掘り下げてみましょう!

AOD-3の新しくリニューアルされた機能と、特徴をチェックしていきましょう。

アイキャッチ画像出典 Alpengroup

圧倒的な解放感

出典 Alpengroup

AOD-3最大の特徴はその圧倒的な解放感です。340cm×670cm高さ215cmの広いテントサイズに、ジオデシック構造でテント内の空間を広く確保。更には広いパネルを採用したテントの出入り口と豊富なベンチレーションで、室内でも圧倒的な解放感が味わえるテントに仕上がっています。

出典 Alpengroup

テント上部には大型の天井窓が付いており、風通し良く、天井のルーフを外せば光が差し込み、気持ちの良い空間を作り上げます。

TC素材のルーフフライシート

出典 Alpengroup

AOD-3が他のテントと違う大きな点が、ルーフフライシートにTC素材を使用しているというところです。

通常ルーフフライシートは雨に濡れる部分でもあることから乾きやすいポリエステルの素材であることが通常ですが、TC素材の特徴でもある紫外線による劣化が少なく、結露にも強いところ、またTC素材の独特の柔らかな遮光性を活かすためにルーフフライシートにTC素材を使用しているのです。

TC素材の特徴を活かした他にはない、面白い考え方のテントとなっています。

フルメッシュのブラックインナーテント

出典 Alpengroup

吊り下げ式のインナーテントにはフルメッシュのブラックインナーを採用しており、高い通気性と遮光性で暑い時期の寝室空間を快適にしてくれます。

夜は寝ている子供を見守りながら、安心してお酒を楽しんだりゆっくり過ごせそうですね。

AOD-1からのリニューアルポイント

メッシュ部分を拡大

出典 Alpengroup

メッシュ部分を拡大し、解放感と通気性を更に向上。

窓を2箇所追加

出典 Alpengroup

フロント側の両面に窓を2箇所追加。更に通気性がUP!

前後の入口を拡大

出典 Alpengroup

テントの前面と後面パネルの間口を拡大。テント内への出入りがし易くなりました。

マッドスカートを追加

出典 Alpengroup

テント全面に待望のマッドスカートが追加され、オールシーズン対応となりました。夏場はスカートを捲って固定しておくことが出来る仕様になっています。

スペック

出典 Alpengroup
  • 素材:ポリエステル、TC
  • テントポール素材:アルミ
  • 使用時サイズ:L670×W340×H215cm
  • 収納時サイズ:70×30×28cm ×2個
  • 重量:約25kg
  • 定員:4名
  • 耐水圧:フライ/2000mm、TCルーフ/3000mm
  • 生産国:ベトナム

まとめ

出典 Alpengroup

アルペンアウトドアーズのオリジナルテント「AOD-3」と「AOD-TARP」が販売開始されました。即完売した前作のAOD-1のリニューアルバージョンとして登場のAOD-3は更に通気性と解放感が向上し、オールシーズン対応になった事で、前作に引き続き即完売が予想されますので、気になった方はチェックしておきましょう。

コールマンの大人気テント、タフスクリーン2ルームが"エアー"になって変わった変更点
コールマンの大人気2ルームテントが、価格据え置きで、使い勝手の良さそのままにエアーに進化しました。エアーになった進化点はワイドメッシュの採用や別売りのリバーシブルファンベンチレーションを使う事ででインナーテント内の空気の循環が飛躍的に向上しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました